記事一覧

栄光の架橋

こんばんは。4年の久保です。最近、西条では日が落ちるとかなり冷え込みます。私は2日前まで風邪で寝込んでいました。明日からは家路に手袋を装備しようと思います。皆様も風邪等にはお気を付けください。


先日の幹部交代飲みには、森川コーチ、玉井さんを始め、多くのOBの方がお越し下さり、よく飲み、楽しく語らうことが出来ました。またいつでも広大に帰って来て下さい!!また、なんと幹部交代飲みの前日には岡田さんの結婚式があったということで(岡田さん、ご結婚おめでとうございます!!)、玉井さんに結婚式の写真を見せていただき、その時の様子を聞きました。テニス部の同期を結婚式に招待するというのは、とても素敵だなあと思います。私も結婚したいです、いつか(笑)。


さて、私は最近卒論に関わるゼミの勉強をしています。同じ学科の某H君のゼミでは、分からないことがあると、ゼミの担当教員から「本当に考えてきたの?」「寝る時間を惜しんででも考えようとしたの?」と問われるそうです。私が知っているゼミの準備の仕方についてのウェブページには、ゼミの準備には50~100時間かけるのが妥当だと書いてあります。なぜ100時間が妥当なのか、気になる方は直接私に聞きに来て下さい(笑)。


実際には私は毎週のゼミの準備に100時間はかけていません。しかし、本気で学ぶためには、そのくらいの覚悟が必要だと思います。出来るだけ勉強時間を確保して、分からないことは必死で調べて考えて、それでも分からないなら予定よりも多く時間を割いて調べて考えて、、


部活ではどうでしょうか。現役の方は、部活だけではなく学業、アルバイト等でも忙しいと思います。しかし、体育会ソフトテニス部という高い目標を掲げる集団に所属する今、自分の取り組みは、目標を達成するのに相応しいものでしょうか。自分に言い訳をしていませんか。思い通りに行かなくて、辛い時期もありますが、自分の理想を追求し、プラスの変容を遂げる学生生活を送って欲しいと思います。


長くなりましたが、この辺りで失礼します。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

最後の夏を終えて

この度、中四国大会を持って現役を引退、そして幹部交代をした得能です。夏休み頃から書こうと思っていたのですがなかなか書き出せずに今日に至ります。

自分は入部してから団体戦というものにまったく縁がない選手生活でした。自分では団体に出たいという思いはずっとありましたが、どこか自分には実力が無いから無理だ、という気持ちもあったのかもしれません。春リーグ終わって、OBさんからご声援だったり、自分としても現役最後くらい団体で活躍してやるという気持ちだったりで、何とか西カレの団体にこぎつけました。秋リーグは出場を果たしましたが、力が全く出せず悔しい結果となりました。
五大は自分の中では史上最強に頑張りました。笑( 団体通算8勝2敗)

この3年間ほとんど活躍なかった僕にとっては、かなり濃い最後の三ヶ月間でした。なんだかんだ最後まで諦めずにやってよかったです。自分の力じゃなくとも諦めずにやってきたから良いペアにも恵まれたと思ってます。現役は引退しましたが、まだまだ選手としては引退はしてないのでさらに精進して頑張って行きたいと思います。まだまだ現役に一泡吹かせられるように頑張ります。

新幹部になって

 こんにちは。二年の江川宣です。部員日記を更新しようと思ってはいたものの、なかなか良い文章が思いつかず、日々を過ごしていました。そんな時、毎月の予定表のコラムを書くことになりました。これを活かさない手はない!!と思い、部員日記を更新します。つまるところ、内容はコラムと同じです。二年生になって感じたことを書きます。
 新幹部方針は切磋琢磨です。そこには、学年・実力関係なく、言い合う関係を作っていこうという意味も込められています。それだけではないですけど。実際に実行していくとなると、一年生の意見を聞く機会なども増やしていかないといけません。また、練習中でもミスなどについてお互いに指摘し合わないといけません。これは、先輩方に対してもやっていかないといけないと、僕は思います。しかし、実際問題、学年の壁を超えて言い合うということは簡単ではないと思います。自分の場合は人見知りがあるのも原因なのですが、一年生のころ先輩と話せるようになった時期は相当遅かったと思います。言い合う関係を作るのが難しい理由は、何も人見知りだけではありません。一番の理由は、人に言うためには自分もやらないといけないという点にあると思います。いくら頑張っていても、実力が伴っていないと言いにくいです。それでも、実力が上の人に対して、意見することや、プレー面の指摘をしないといけない場面がこれから増えてきます。そのために、普段の練習で1球1球を大切にして、行動で示していけるように頑張ります。そして、皆さん、この1年で厳しいことも言い合える環境を作っていきましょう。

中四国大会を終えて...

先日の中四国大会を終えて幹部を交代しました。3年の清水です。
たくさんの方々のご協力のもと一年間を終えることができました。本当にありがとうございました。

幹部を交代し、現役を引退した身ではありますが11月には井ノ口杯、県秋季、三地区というように3つの大会が私を待ち受けています。自分で進んで出るとは言ったものの、引退ってなんだろうと思いながらまだまだ部活に顔を出すんだろうなと考えております。

そもそも私の中で引退したという実感は全くなく、テニスをやり切れたと自信を持って言えるかというとYesとは言えません。今年の春個人はベスト8にはいったものの、団体戦から解放された反動で少々やりたいようにやってしまったので落ち着いて考えるともう少しできたなとぁと思ったし、秋リーグでも勝ち頭になれるほど安定したプレーはできずしかもなぜか膝を捻挫してしまい...。
今回の中四国大会も納得のいかない結果となりました。一週間前までは教育実習で児童とケイドロをする毎日で、ラリーはそこそこできたものの観戦記にも書こうと思いますがサーブが壊滅的。(笑)挙げ句の果てに幹部交代式の翌日、急に寒気が襲いかかってきて万全とは言えない状態でダブル後衛との試合に臨むはめに。こちらがリスクをあげすぎずともきちんとラリーをすれば勝てたのかもしれません。今回の遠征の宿舎は私が今まで泊まった中でご飯、温泉ともに最高!の場所だったのですがその夜は体調不良で部屋に引きこもっていたため宿舎のバイキングと温泉を堪能できず、翌日の朝バイキングもおかゆとフルーツヨーグルトといった病人食で済ませることとなり悲しい最後の大会でした。遠征はやはり宿舎の食事と温泉は外せない重要なポイントだと思うのですが、自ら放棄してしまったと思うと悔いの残る遠征となりました。なんとか温泉に入ってリラックスすることはできたのではないか、カレーライスや温野菜なら食べることは可能だったのではないか。せめて白米だけでも...。

終わったことは考えても仕方ありません。万全の状態にして臨めば、自分の望む様々な結果はついてくるはずです。引退後初の大会は井ノ口杯です。練習時間は半月も残っていないことに加え、数日前まで帰省をする予定なのでますます練習はできませんがなんとか空き時間を見つけて頑張ろうかと思います。大学時代最後の大会までには自分が少しでも納得のできる結果を得たいですね。

こんな感じでまだまだテニスへのモチベーションは下がっていないので、私が言うのも生意気ですが、現役を引退した立場から部を支えつつ、自分自身の技術向上にも励んでいこうと思います。読んでいただきありがとうございました。

ありがとうございました

こんにちは。3年の四ッ谷です。先日の中四国大会をもちまして3年は引退、2年生に幹部を引き継ぎました。1年間ありがとうございました。

私が幹部になって1番したかったことは自分も含め女子を強くすることでした。1年生のころから圧倒的に男子より結果を残せておらず、リーグでもギリギリ残留するということが続いていました。去年の秋くらいから少しずつですが賞状にも手が届くような結果を出せるようになってきました。本当に望んでいる結果ではないので、引退とはいいつつもまだまだ頑張ろうと思います。

少しずつでも結果が出せるようになってきたのは、それぞれの努力もありますが周りの人のおかげです。部活の男子の先輩は何も分からないわたしたちと一緒に練習してくださり、試合の時には必ず応援に来てくださり、時には相談にも乗っていただきました。本当に心強かったです。自分たちの代になってからは校内戦の相手として男子の同期や後輩を多く入れるようにしていました。嫌な顔せずやってくれました。同じ部活だから当たり前、と言ってしまえばそれまでですが、私はこういう風にしてくれる男子に対して感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。これからもよろしくお願いします。
引退して少し立場が変わるので、これまでの恩を何か違う形で返しつつ、部の勝利に貢献できるように努力していこうと思います。読んでいただいてありがとうございました。

ページ移動