記事一覧

ライン会が終わりました

こんにちは。三年の四ッ谷です。昨日と一昨日でライン会が行われました。たくさんのOBOGの方々にお越しいただいてありがとうございました。今年で3回目なのですが、初めてお会いする方も多く、広大ソフトテニス部の繋がりの広さを感じました。次は冬に追いコンがあります。たくさんのOBOGの方々に参加していただけるととても嬉しいです! お待ちしています!

さて、ライン会が終わって今日はオフとなっていますが、今日から三日間集中講義があります…。思いっきり寝たいところでしたが、そうはいきませんでした。さらに昨日は疲れすぎて寝落ちしてしまったのですが、部活のおかげで(せいで)6時には目が覚めてしまいました。
良いのか悪いのかはわかりませんが、夏休みの部活は体が毎日しんどいのに目だけは覚めるってものだったなあというのを1年ぶりに思い出しているところです。現役としての最後の夏に、幹部としての最後のリーグにむけて、あと2週間頑張りたいと思います!

また!17.18日はオープンキャンパスのようです。17日はオフなのですが、18日は終日練習しているので高校生のみなさん、興味があったら見に来てみませんか?お待ちしています!!

自己紹介 内藤響生

初めまして工学部第三類一年の内藤響生です。ポジションは前衛で、広島私立修道高校から来ました。この度は部員日記を書かせていただくということで、僕も他の人たちの自己紹介と同様に今までのテニス人生を綴りたいと思います。
僕がソフトテニスを始めたのは中学一年生の春でした。僕が通っていた中学校では部活に必ず入らなければならないという謎の掟があり、どの部活に入ろうか迷っていた時、幼馴染(ソフトテニス経験者)に誘われたのがきっかけでした。(小学生の頃は運動が苦手で、中学校では文科系の部活に入部しようとしていました。)中学校専属の鬼コーチにしごかれ、心が折られそうになりながらも、後輩や同期、先輩に助けられ、良い成績は得られせんでしたが楽しく三年間を終えました。高校でもソフトテニスを続けようと思っていましたが、僕の通っていた高校は硬式テニスが強く、ソフトテニス部はコートをあまり使わしてもらえないと聞いたのでしぶしぶ断念しました。しかし、ソフトテニスをしたいとは思い続け、弟(高校でもソフトテニスを続けていた)と数週間おきに打ってもらっていました。弟との実力の差がどんどんと開き、打ち合うことができなくなったことに言い訳をしている自分や、同情してくる弟の姿を見てすごく情けなさをあの頃は感じていました。とても悔しかったです。受験はある大学を狙っていたのですが、二度目のセンター試験の自己採点で断念し、広大にギリギリで合格したという形で終えました。そして、受験期にも強く思っていたソフトテニス部への入部を実現して今に至ります。
ここまで長々とお話しさせていただきありがとうございました。最後に一言だけ言って締めたいと思います。
不器用で礼儀知らずなどの至らない点が多々ある僕ですが、それらを改善できるように頑張っていきたいと思っていますので、これからよろしくお願いします。
では、失礼します。


安達の自己紹介

初めまして、こんばんは。理学部数学科一年、前衛の安達修也といいます。島根県出雲高校から来ました。僕がソフトテニスを始めてから広大ソフトテニス部に入るまでのソフトテニス人生を紹介させていただきます。ソフトテニスを始めたのは中学の部活からです。小学校では少年野球をしていましたが、面白いとはあまり感じませんでしたし、仲のいい友達もソフトテニス部に入るからというよくありがちな理由で入部をしました。県総体には進みましたが、個人戦も団体戦も二回戦で負け、特別ソフトテニスに夢中になったわけでありませんでしたが、流れのまま高校でもソフトテニス部に入りました。高校の時、僕のソフトテニス人生は大きく変わりました。当時の出雲高校の監督は広大ソフトテニス部OBのO先生でした。O先生には毎日のように指導され、怒られ、たくさんのことを教えていただきました。そのおかげで自分が上手くなった実感、試合に勝てる喜びを感じられるようになり、僕はソフトテニスに夢中になりました。しかし、高校でも思うような成績を上げることができず、たくさん悔しい思いをしました。何とか広大にも合格し、ソフトテニス部に入部しました。中高でいい成績が出せなかったので大学では何としてでもいい結果を残したいと思います。まだまだ未熟で、気に入らない部分もたくさんあるとは思いますが、一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。それでは、失礼します。

2年鈴木 自己紹介

はじめまして。2年から入部させてもらった鈴木奨平です。この度部員日記を書かせていただくにあたり自己紹介させていただきます。
まずは簡単に経歴から。僕は小学6年生のときにソフトテニスを始めました。上手ではないですが、僕のいた地域にはジュニア卒の選手が少なかったので、中学校在籍中は多少のプライドだけで開催地枠の伊勢選抜として都道府県対抗など経験させてもらいました。その後は、三重県立伊勢高校という進学校へ入学し部活を続けていましたが、個人/団体とも実力相応の県止まりの結果しかありません。昨年この広島大学へ入学して仮面浪人という形で勉強に励んでましたが二度目の不合格に終わり浪人にもケジメがついたので、再び大好きなソフトテニスを始めようと思いこの体育会ソフトテニス部への入部を決めました。
僕のソフトテニス部への印象は努力と団結です。時間的に大切で忙しい大学生活で部員の皆はそれを惜しまず部活に打ち込んでいます。根本にあるものは単純にソフトテニスを好きな気持ちだと思いますが、その姿勢には興味や憧れる気持ちがありました。また入部してから多くのチームワークと団結力に触れました。OBの方々や部員の皆が練習に付き合ってくださりアドバイスをくださるおかげで日々上達することを実感すると共に今までなんて勿体ないソフトテニスをしてきたんだろうとさえ思ってしまいました。
まだ入部して2か月ほどですが2年として扱って貰っています。わからない事も多いので、神経質になっているつもりでも迷惑をかけることも多いと思います。その時は叱咤ともにご指導のほどよろしくお願いします。僕自身これから精一杯ここで頑張っていきます。
長くなりましたがこれで自己紹介とさせていただきます。失礼します。

どうも、浅野です。

はじめまして、こんにちは。一年の浅野祐太です。工学部二類です。前衛です。変なやつです。元気なのがとりえです。以後お見知りおきを。
さて、僕の出身ですが、みなさんよくご存知島根県です。砂丘はありません。島根のいいところを少し紹介します。治安がいい(事件を起こす人がいない)、緑が多い(人が少ない)、交通量が少ない(以下略)…と、とても住みやすくいいところです!はい。紹介終了です。
自己紹介に戻ります。僕はそもそも大学で、部活をするつもりはありませんでした。しかし、はじめてテニスコートに足を運んだ時、高校までとは違う何かを感じました(おにぎり会じゃなくて、バーベキューとかが良かったなぁとも思いました)。そして先月、春リーグに行き、僕は先輩がたのプレーを見て、すごくワクワクした気持ちでいっぱいになりました。そして、僕も見ている人がワクワク出来るような試合がしたくなりました。入部前は、『週6かぁ、週5だったらなぁ…』とか言っていましたが、今では練習のない日にまでテニスをしているまでです。謎です。
最後に今の気持ちを述べます。広大のテニス部の仲間とテニスをして、テニスを始めたばかりのあの《テニス大好き!》という気持ちを思い出しました。毎日、周りから学ぶことばかりです。盗めるものは全部盗みます!僕の目標は団体戦の舞台で、見ている人も楽しくなるような試合を繰り広げることです。そのために1番必要なのは僕自身がテニスを思いっきり楽しむことだと思ってます。僕なりの感性で精一杯やっていきます。これからよろしくお願いします。

ページ移動